面接について

 

一次面接
一次面接は、集団面接である場合が多く、一人一人にかける面接時間が少なくなります。面接でまず大事なことは、外見です。 髪型、服装、 きっちりとした言葉遣いから見える社会人としての姿勢です。受験者が多すぎる会社の場合、すぐに絞らなければならないので、最初の面接で、すぐに判断できる「さわやかさ」や「明るさ」が感じられる表情・言葉遣い・雰囲気をみます。いつもより声を少し大きく、相手を意識して少しゆっくりと、表情がさわやかで明るくハキハキと話せるように心がける必要があります。それでも甲乙つけがたい場合は、印象に残るものがあるかどうかを見ます。

 

二次面接
面接の質問は、主に「自己PR」と「志望動機」の2つです。この2つのうち、優先するのは当然「自己PR」です。商品を売るとき、お客に買わせるように、商品を宣伝すると思います。これと同じように、「会社にとっての自分の売り」を宣伝する必要があります。商品と違うのは、一般消費者に比べて、面接官は人を見る目が肥えています。面接が進むに従って、会社の経営にかかわる人が見ますから、おいそれとは合格とはいきません。お金を払う進学と、お金をもらう就職とでは、いってかえるほど違います。会社としては、生涯賃金を払うかもしれない投資をするのです。  会社は人なりというほど、人材を重視しています。同業他社との競争に打ち勝ち、存続しなければなりません。「自分の売り」が会社にとって 魅力的に映り、是非採用したいという魅力がないといけません。
 次に志望動機ですが、「志望動機」を聞いて、何を見るのかというと、仕事に対する適性と当社を選んだ理由が聞きたいのです。いくら能力があっても、当社にいかせる  部署がなければ、長続きしません。会社にとっての痛手は、短期間で辞めることです。採用し、育てるのに多大な投資をしているに、投資を回収する前に辞めたのでは、会社にとって損害です。面接に関わった人に非難が向けれますので、より真剣になり、経営にかかわっている役員が面接を担当する場合が多いです。
 「自己PR」と「志望動機」から「必要な人材である」「わが社に貢献してくれる」と認められるよう面接官を説得できれば成功です。

 

最終面接
下記の視点から人物を見ます。
「うちの会社に本当にきてくれるかどうか」
「うちの会社に入ってきたとき、入社後に伸びる伸びしろ(潜在能力)があるかどうか」
「会社の中枢を担って、中心的人材になれるかどうか」
最終面接は、役員が最後の判断を下す機会です。再度冷静に考え、判断する場になります。

 

YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム

 

仕事研究 婚活パーティー 放射能汚染対策