宅建士

宅建に合格すれば、就職にも非常に有利です。
不動産会社では宅建の資格が必須の企業も多くあります。
そんな企業ほど給料はいいです。
つまり、宅建をとれば、就職にも有利になり、持っていない場合よりも給料は高いわけです。

 

不動産関係に勤めなくても、家を建てる、借りるというのは生きていく上で重要で、知っていることで
不動産の営業と交渉するとき、優位にたつことが可能であり、一生の宝となる資格で、それほど
難しくなく、手が届く位置にある資格です。

 

宅建e-ラーニング

 

_________________________________

 

宅地建物取引士

 

試験の方法    50問・四肢択一式による筆記試験です。

 

受験資格     年齢、性別、学歴等の制約はありません。
      誰でも受験できます。

 

試験地      現在お住まいの試験地(都道府県)での受験となります。

 

試験日      毎年1回、10月の第3日曜日に、次の時間で実施します。
        ・午後1時〜午後3時(2時間)

 

受験手数料   7,000円

 

合格発表    原則として、12月の第1水曜日又は11月の最終水曜日に、都道府県ごとに発表します。

 

_________________________________



仕事研究 婚活パーティー 放射能汚染対策