20代の仕事術

会社で人を評価するのは、お客であり、会社であり、直属の上司であるわけです。
仕事を任せられたとき、自分でここまでと思わないこと。仕事で合格点をもらうのは
お客、会社、上司からになります。会社から給与をもらっている以上、決められた
以上の仕事をしなくてはならないのは当然です。
入社から3年間は、がむしゃらに
働き、できるだけ早く仕事を覚えることに専念したほうがよい。そうしないと、後から
きた後輩に追い抜かされることも珍しくありません。
 そして仕事は1人でしているわけではありません。職場の人、出入り業者といった
人の中で仕事をしています。当然そこには人と人の間にルールがあります。

 

・どんなに才能や能力があっても、相手の、特に年長のメンツをつぶすようなことは
 してはいけません。
・相手に対して、いつも謙虚に、感謝の気持ちを大事にすることです。
・相手に役に立つ人間と思われるように行動することです。決して自分本位と思われない
 ようにします。
・自分が話すより、相手の様子を見ながら相手に話してもらう聞き上手になることです。
・周りが消極的になった場合、自分が積極的に手を上げることです。

 

出世するには、気がきく人間になることです。気がきくとは、相手の気持ちがわかり、
相手の立場になって考えられるかどうかです。組織全体のことを考え、その先のこ
とを読んで、どうすることが組織にとって良いかを想像できる人間です。

 

入社した場合、ある面そのままほったらかしの状態が多くあります。良いお手本となる先輩を見つけ、その仕事の方法に興味を持ち、機会を見つけて相談やアドバイスを受けるとかしておくとよいです。仕事の細かい要領といったものは、自分
から積極的に動かないと誰も教えてくれません。職場によっては、職場でそんなの常識と思っていることがあります。
たとえば、県外に出張にいったときは、職場の部屋ごとにお土産をもっていくとか、上司や先輩にお酌しに回るとかですが
先輩の行動をよく見ておく必要があります。

 

対人関係が苦手で、相手とうまくしゃべれない、どう話してよいかわからないとかないでしょうか。そういう場合、
的を絞って、上司の考え・仕事で重視していることをを知り、それに合わせるように話のネタを考えることです。
その上司の考え・仕事で重視していることは、上司を交えたミーティングや上司とのコミュニケーションで何度も
話している内容から推測していきます。

 

学生のとき、クラブ活動の経験がないと、上下関係がわからず、学校も延長線上で考えてしまいます。
そして、親が年長の者や唯一の大人であった先生を敬うことをしつけとしてできていなければ、会社組織
にいて、上司や先輩を糾弾したり、論破して得意になるという会社にとって困った存在になることが多いです。
ただ、上司や先輩が誤った判断をすることがある場合どうなのかというと、相手の顔をたてて、判断を正しい
方向に導くことができれば、組織の中でできる人間と評価されます。

 

何かわからないことがあるとインターネットで調べることができますが、それを駆使して新しい考えを生み出すことが
重要な時代になってきています。

 

20代は何事もチャレンジすることでき、失敗しても再チャレンジができることです。
仕事上知らないことがことがあっても、気兼ねなく周りに訊くことができます。
その訊くことによって、実務能力がついてきます。
先輩や上司に訊くことをためらったりすることがありますが、先輩や上司は後輩を育成ことも仕事であり、
その分の給与ももらっています。ためらわずにどしどし質問をすれば良い。
ただし、何度も同じことを訊くの良くないのでやめたほうが良い。

 

将来人かどにの者になるには、本をよく買い、本を読む時間を確保する必要があります。自分に投資して、将来20年後、30年後
かえってくると思います。多くの企業で社員を30代で選別を始めまので、ひと山いくらの人材にならないように能力を身につけます。

 

20代は自己投資の時期です。本を読む、セミナーを聞きにいく、人間関係を豊かにするのに、飲みにいく、食事につきあうとか
予算を決めて実行するといいです。

記憶の仕方

 

記憶にとって一番大事なことは、記憶できるんだという自信です。
自信がないと憶えられないと思いそれによりさらに記憶に
自信がなくなるという負の連鎖に陥る。

HMA ハイブリッドメディアアフィリエイトサポート60日プラン


仕事研究 婚活パーティー 放射能汚染対策