大学の存在意義

 

一般に日本の大学での勉強は、仕事に役に立たないと考えられてられている。
特に、大手企業の人事担当役員や人事部長あたりの多くは、大学での勉強
が単に知識の習得だと思っており、仕事に役に立たないと考えている。

 

大学での成績評価基準が曖昧で不透明。
先生によって、どんなレヴェルの授業を行い、どの程度理解した生徒に、どの成績を
つけたかが曖昧で、厳しく成績をつける人もいれば、簡単なレポートでも「良」くらい
つけてしまうので、企業側は単純に成績の優劣を判断できない。

 

日本の企業は採用選考において採用選考において大学での成績を考慮しない。

 

しかし、企業は大学の名前を考慮します。

 

何を評価しているのかというと、その大学の入試を突破してきた者かどうかです。
大学入試には、進学希望者のほぼ100%の学生が全力で受験に臨みます。
その受験にその人の持つ基本的能力が反映されると考えれるのです。
このランクに入学できた学生はこのくらいの基本的能力があるだろうと思います。
難関大学を突破した学生は、苦しいときもあきらめずに頑張る能力が高い
だろうと判断します。
難関大学の学生が一流企業の就職に有利になります。

 

要するに、企業にとって大学入試というふるいがあれば良く、大学そのもの
に存在意義を感じていないのです。

 

YouTubeを使ってしっかり稼ぐ方法

 

仕事研究 婚活パーティー 放射能汚染対策