自己PR

 

自己分析により、下記の力を示す内容を用意します。

 

・組織の中でうまくコミュニケーションをとってやっていく力
・与えられた仕事、課題に対してとことん考え抜く力
・人より前に踏み出す行動力

 

その内容は下記の留意点に基づき作成します。

 

・主体的な経験が元にしている
・新しく発想した経験
・実行するのが困難な経験
・知力の高さを示す経験
・コミュニケーション能力の高さを示す経験
・人望を示す経験
・リーダーとしての経験
・業績を高く評価された経験
・自分の考えや価値観が反映された経験

 

自己PRの内容は職種によって変わります。
例えば
事務職であれば、「事務処理能力の高さ」
エンジニアであれば、「専門性の高さ」
営業職であれば、「コミュニケーション能力の高さ」 がより求められる。

 

自己PRの仕方

 

スピードが最優先されるビジネス交渉と同じように、先に結論を述べます。そのあとそれを理由づけする具体的な例を言うことが求められます。最後に、自分の体験が志望企業で貢献できることを伝えるようにします。

 

留意点として
@ 人事担当者から高く評価される体験・経験をみつける
A 志望企業の志望職種に合っている内容に編集し、必要があれば改良する
B 筋道をたて、誰もが納得する構成で伝える
例文

 

私は「人との結びつき」を優先しています。←結論
私はバスケット部に所属してのですが、新入生との交流会を企画していたときのことです。
企画を担当している後輩に声をかけて回ることにしました。各々が抱えている課題があったり、担当者間の意思疎通が不十分なために生まれた問題もありました。そのことを担当者に回ることにより伝え、トラブルになる前に未然に対処しました。
 このことから、声掛けすることにより、相手の気持ちや意見を引き出すこと、相手と気持ちを通じ合わせることの大切さを学びました。この体験は人とかかわる御社の仕事をする上で、活かせると思います。

 

大学院医学研究所で4ヶ月間の検証済み未来型機能性ゼオライト

 

仕事研究 婚活パーティー 放射能汚染対策