就活のエッセンス

 

就職活動を通して人事担当者に訴えるメッセージとは、御社(職場)にとっていかに必要な人材であるかを伝えることです。そのためには、自分の能力を御社にPR(自己PR)し、その能力が御社の必要とする能力であること(志望動機)を伝えることができればよいのです。では、その能力は何かというと、ビジネスに必要な能力。即ち、@基礎学力の他に、A組織の中でうまくコミュニケーションをとってやっていく力、B与えられた仕事、課題に対してとことん考え抜く力、C人より前に踏み出す行動力が重要になります。また、その自分の能力が御社にとって必要であることを説得するためには、自分というものを客観的に分析(自己分析)し、文字として表現・説明できなければならないし、その企業を充分理解(企業理解)して自分が企業にあっていることをうまく伝えなければなりません。

 

 就職活動において、上記の能力・アピールが問われ、最終的に人事担当者、会社役員に「必要な人材である」「わが社に貢献してくれる」と認められれば、内定、内々定がとれ、できなければ当然選考から外れます。

 

上記の「就活のエッセンス」を理解して就活に臨んでいる人は、幸いにもあまりいないため、これを理解して就活に望むだけで、他よりも有利になります。

 

 一流企業になればなるほど、不況になればなるほど、人事担当者の見る目はより厳しく、なかなか内定もらえなくなっています。

 

今こそ、「就活のエッセンス」を理解し、必要な対策を早く立てることをお勧めします!!

 

HMA ハイブリッドメディアアフィリエイトサポート60日プラン

 

 

仕事研究 婚活パーティー 放射能汚染対策