学生向けアドバイス

 

どうやったら職に就けるのか。企業が求めるのは「大人の人間」です。自分で自分のことを決められなかったり、言われたことをすぐにやらなかったり、約束事や時間を守れなかったりといったような学生が増えています。家庭での過保護が一因だと思われますが、当然、 企業からは敬遠されます。社会活動やアルバイトを通じて大人たちと接して鍛えられた学生は、面接の受け答えが違います。もしアルバイトするのなら、ミスや遅刻がいくらでも許されるゆるい″環境ではなく、働いて報酬を得ることの厳しさを教えてくれるところがいいと思います。企業の採用担当者は、入社後、その学生がどのくらい成長するかという「伸びしろ」を見ます。最終的には、「この人問と一緒に働いてみたいかどうか」、つまり人間カで判断するのです。いくら外国語に堪能で何らかの資格を持っていても、人間的な魅力がなければ採用されません。この苦難の時代を生きる若者たちに対して、アドバイスできることは二つです。
  一つは、「職種や部署、会社の大小にこだわりすぎるな」ということ。今の日本は、就職ではなく「就社」という仕組みになっています。入社したら、どんな部署に回され、どんな仕事を与えられるかはわからない。いろいろな仕事を経験するうち、「自分は人と接することが好きなんだ」「企画って難しいと思っていたが、やってみたら面白かった」「事務は意外と向いていた」などという発見があるかもしれません。職場で人間関係を上手に保ち、積極的に仕事に取り組めば、周囲の人から見込みがあると認められ、ステップアップにつながる仕事を回してくれることもあります。
  もうーつのアドバイスは、「ネット情報を過信しない」こと。今、多くの学生が大手就職サイトに会員登録をしています。就職に関しての情報を全国から集められるでしょうが、間口が広いだけに競争も激しいのです。それよりも、大学の学生部就職課やキャリアセンターにこまめに足を運んで、担当者とフェイス・トウ・フェイスで確実な情報を得ることです。企業は過去の実績をみて大学に求人しますから、いわゆるブラック企業″(就業規則からはなはだ逸脱していたり、過酷な条件で働かせるところ)にひっかかることもありません。
最後に、地道に探せば、「あなたと一緒に働きたい」と言ってくれる職場にきっと出会えるはずです。職種や業界を限定せず、自分の可能性を狭めないでチャレンジしてください。新しい時代を築いていくのは、あなたたちです。今ある会社に過剰適応して自らの能力を閉じてしまうのではなく、これからは自分たちで新しい社会の形を創るんだと、希望を育てていってほしいと思います。ただ金持ちになることより、社会に貢献するライフスタイルを追求する人も増えています。
貴女の空いた時間を有効活用してみませんか?

 

HMA ハイブリッドメディアアフィリエイト通常版

 

 

 

仕事研究 婚活パーティー 放射能汚染対策