自己分析

 

就職活動における自己分析は、自己分析によって得た特技、得意・不得意、性格の長所・短所、適性から、@基礎学力以外の能力、即ちA組織の中でうまくコミュニケーションをとってやっていく力、B与えられた仕事、課題に対してとことん考え抜く力、C人より前に踏み出す行動力を示し、自分の価値観、姿勢、思考が志望企業に必要であると思わせる語りぐちを身につけることが目標になります。
貴方の今までの体験や、これまで培われた能力の中で、志望企業側から見てどのような点をアピールすればより効果的であるのかを綿密に準備して伝えることが内定獲得の成否を決定するキーポイントになります。

 

人事担当者には、あなたの語りぐちについて、その背景となるものを洞察する力があり、世間に流布さえている面接のマニュアルに書かれていることを語っても、この志願者も同じことを言っているとすぐに見抜かれてしまいます。あなたが語る内容に整合性がとれていないときや納得がいかない場合、とことん突っ込んで質問をし続けてくるからです。また、あなたの語る内容から、あなた自身に培われた能力や姿勢、思考の仕方を見抜けるからです。
大学院医学研究所で4ヶ月間の検証済み未来型機能性ゼオライト

 

仕事研究 婚活パーティー 放射能汚染対策